公演情報


2018年12月7日〜10日

LIB企画第4回公演

「アイコトバヲノベヨ」


 

「今、あなたの隣にいる人は、本当に昨日と同じあなたの愛する人ですかー?

 

普段、何気なく暮らしている日常生活の中で、当然のように存在する人物が、

気付かぬうちに見知らぬ誰かに変わっているとしたら?

 

この物語はこの国のどこにでもある零細企業の従業員たちが、或る日突然、詳しい事情も知らされぬまま、小さな空間に閉じ込められてしまったところからはじまります。

 

閉鎖的な環境で、いつ解放されるかも、なぜそんな事になったのかも知りようがなく、

苛立ちばかり募る中で、登場人物達は数少ない情報を頼りに、仲間と手を取り合い状況を打破しようと奮闘します。でもそんな時、その手を取り合っている相手の存在自体の真偽さえもわからなくなってしまったら?

 

今まさに隣に座っている人物は紛れもなくあなたの家族や恋人、友人、同僚、隣人なのか、そして今ここにある情報は本当に真実なのか?

 

存在そのものに疑いの目を向けざるを得ない不安定な恐怖と、非日常の中で明るく生き抜く家族の悲喜こもごもをお楽しみください。

 

[日時]     12月

  7日(金) 19:00~

  8日(土) 14:00~/19:00~

  9日(日) 13:00~/18:00~

  10日(月) 13:00~

 

*川上と内川はWキャストです。

川上 唯《昼公演のみ出演》

内川ゆりか《夜公演のみ出演》

 

[チケット]  前売:2,800円 当日:3,000円

 学割前売:2,500円 学割当日:2,800円

 ※12/10公演は平日昼割で300円引きとなります。

 

《ご予約はこちら》

https://ticket.corich.jp/apply/95278/

※備考欄に紹介者の名前をご記入ください

 

 

[作・演出]皆都いづみ

[振付] 岡野亜紀子

[cast]  (順不同)

 山下多恵子(京都演劇サロン)

ガトータケヒロ

髭だるマン

武橋リエ

福丸

野田江里子(松竹芸能)

末石貴広

川上 唯《昼公演のみ出演》

内川ゆりか《夜公演のみ出演》

岡野亜紀子

てんこ

皆都いづみ

 

 




2018年11月23日〜26日

下鴨車窓「微熱ガーデン」

 

劇作家・演出家の田辺剛が主宰し京都を拠点に創作・公演をしている現代演劇のユニット「下鴨車窓」は演劇作品『微熱ガーデン』を2018年11月から京都をはじめ国内数都市で上演いたします。この作品は2016年に京都にて初演され好評を得た作品で、2018年度からは下鴨車窓のレパートリー作品として以降数年にわたり全国を巡演する予定です。
 地方都市にある古アパートの一室では学費や生活費に困った女子大生が植物を違法に栽培しています。社会の片隅に置かれ悪意なき悪と孤独のなかでなんとかして次の一歩を踏み出そうとする若者たちを描きます。どうぞご期待ください。〈上演時間=約1時間40分〉

パクチーを育ててるんだと
彼女は嘘をついた
とある地方の寂れた町。結のアパートは町の真ん中からさらに離れたところにある。鉢植えばかりになった小さな和室にももう慣れた。慣れたというより違和感に悩む余裕がなかった。種まきから収穫まで淡々と、けれども抜かりなく育てる日々。大学の授業も抜かりなくこなす日々。そうしてすべてにおいて抜かりなくやっていたはずなのに、いつの間にか取り返しがつかないことになっていると気づいたある日。空は曇天の冬、乾いた田んぼ、つい口ずさんでしまったジングルベル。
[脚本・演出]田辺剛

[出演]中村彩乃(安住の地,劇団飛び道具)、野村明里、吉田知生

[舞台美術]川上明子

照明] 河口琢磨、小阪理恵

 

 

 

[日時] 2018年11月

23日(金祝)13:00,17:00

24日(土)13:00

25日(日)13:00,17:00

26日(月)13:00

 

[会場] studio seedbox

 

[料金]一般=2,500円/ペアチケット=4,300円/ユース(25歳以下)=1,800円

 

※ペアチケットは、入場券を二枚一組で販売します。日時指定が別途必要です
※ユース(25歳以下)の方の割引には年齢を確認できる証明書のご提示が必要です
※当日券は残席数に応じて販売いたします。ご入場は開演直前のご案内となります

《チケット予約》
こちらで承ります。
※開演の2時間前まで受け付けます

 

 

[企画制作]下鴨車窓 

   京都芸術センター制作支援事業 
   詳細その他、最新の情報は Twitterでお知らせしています

 

[HP] https://mogamos.link/bine2garden2018/

 

[お問い合わせ] hello@mogamos.link  |050-3709-9538

 




2018年10月25日〜28日

KYOTO EXPERIMENT FRINGE PERFORMANCE

京都国際舞台芸術祭 2018 フリンジ 「オープンエントリー作品」

 

日本×マレーシア国際共同制作 『シンギュラリティ』

 

 

幸福!?≒ 選択 ← 欲求 マレーシアと日本の二つの文化に住む個々人の話。 そこに違いはあるのか!?

 

『宇宙に行くとしたらあなたは何を持って行きたいですか?』

この質問から、今回はマレーシアと日本のダンサーと共に作品を創ります。

この作品は2017年9月パリでリム・ペイエン(Lim Pei Ern)とリサーチを開始して、2018年3月にマレーシアの劇場でペイエンのソロダンスを滞在制作して上演しました。

今回は京都です。なんと作品作りも作品上演もSeed Boxと言う京都駅南にあるスタジオで行えると言う、創作にとても有り難い環境です!

 

さて、それぞれが選ぶ答えは時々によって変わるかもしれません。そこには個人の欲望があるんじゃないかなと。そして、その答えは人類が宇宙へと本格的に向かい始めている今だから、面白いものが見えて来るかもしれません。

 

あなたの今の答えは何でしょうか。

僕の一年前の答えと、いまの答えは違います。

 

 

 

<日時>

2018 年 10 月 25 日(木)~ 28 日(日) 全6回 

 

10/25(木) 19:00

10/26(金) 14:00 / 19:00

10/27(土) 14:00 / 19:00

10/28(日)  14:00 

 

*開場は開演の30分前です。

 

<料金>

前売 3,000 円 / 当日 3,500 円 

 

<チケット購入>

チケットサイト CoRich 舞台芸術 

http://stage.corich.jp/stage/94480

  

<会場 >

studio seedbox 

 

 

 


リム・ペイエン Lim Pei Ern 

マレーシア・クアラルンプール在住、マレーシア・サバ州で生 まれ育つ。ジョン・メッド・ダンスカンパニー、T.H.E ダンスカ ンパニー・シンガポールを経て、2015 年から 2017 年の間マレー シアの DPAC ダンスカンパニーに所属。その後フリーランスと して、『パペッツ』(振付:パウラ・ロソレン [ ドイツ ])パリ市 立劇場公演や『People Without Season』(振付:山田うん)マレー シア公演に出演。バレエなどでの受賞多数。2017 年、シンガポー ルの M1 コンタクト・フェスティバルにて自身の作品『You/Me』 招聘上演。2018 年、『Myanyian Bumi』(DPAC マレーシアにて 初演)をプロデュースし、日置あつし、リドゥワン・アチョ(イ ンドネシア)と共同制作を行う。 

 

今村達紀 Tatsunori Imamura 

振付家、踊り手。 人間の生理現象に注目し「無呼吸」シリーズ、「関節話法」など の作品を制作。認識を変化せせることは世界を変えることであ るをモットーに踊る。2014 年4月 1 日より毎日どこかで息を止 めて踊る動画を撮影し youtube にアップしている。光射す厨房 で丹精に和菓子をつくるように踊る。 

 

日置あつし Atsushi Heki 

振付家・舞踊家(日本舞踊・コンテンポラリーダンス)

2018 年、ジェイアール京都伊勢丹 創業祭のメインビジュアルと して、創作・出演・振付・音楽・衣装を担当。オーストリア、 ブラジル、マレーシア、インドネシア、沖縄などで自身の作品 を上演。海外の著名振付家との共同制作や、ダンサーとして銀 座エルメス、パリ市立劇場や平安神宮での琳派ロックなどに出 演。また、サファリ・P の俳優として日本各地で舞台に立つ。プ ロダクション航路延長代表。吉田今宮剣鉾保存会、劇団サファリ・ P、茶道南坊流所属。 

 

 

 

 

<動画>

 

リム・ペイエン ダンス出演

H&M - Let Confidence Dress You 

NEON 35 × H&M

>>> https://youtu.be/OvxPHleUiEA 

 

今村達紀 

本日の無呼吸動画を毎日更新中

>>> https://www.youtube.com/channel/UCTM_8yLxlN-9ZT8K7p6pV7w

 

日置あつし

ジェイアール京都伊勢丹 創業祭 振付・演出・舞踊・音楽 

>>> https://youtu.be/Vysx-xtkVlE

 

 

舞台監督:渡川知彦

音響照明:渡川組

制作:プロダクション航路延長

宣伝美術:STUDIO TOOZA 

 

公演に関するお問い合わせ

プロダクション航路延長

Mail:koroencyo@gmail.com

航路延長 HP:http://koroencyo.com/ 

 

主催:プロダクション航路延長

助成:京都府文化力チャレンジ事業、アジアセンター国際交流基金、Prince Claus Fund

協賛:株式会社 ソラチ 

 

 

プロダクション航路延長

日置あつし(Atsushi Heki)

e-mail : atsushi.heki@gmail.com

航路延長HP:http://koroencyo.com/

日置website : http://atsushiheki.wixsite.com/infomation

facebook : https://www.facebook.com/atsushihekiinfo/



2018年7月26日〜29日

触覚の宮殿    

 

東九条という地域で、seedboxというスタジオをつくり、今また、「 Theatre E9 Kyoto」という劇場をたてようとしています。

1年半ほど、この地域や地域の方との交わりを通じて、様々な現状や歴史にふれてきました。

私は、一人の演劇作家として、演出家として、どのように向き合えるのか。

それを「作品」という形でどのように応えることができるのだろうかと、思い悩んでいます。

そこでふと、吾郷(あごう)の家のルーツを辿ることを思いつきました。

調べると、百済からきた渡来人であったようです。平安末期に、先祖が東九条あたりをうろうろしていたことがわかって来ました。

900年ほど前のお話しと、現在の私の経験や記憶を重ねながら、五感とくに「触覚」という身体感覚をベースに告白という形で、儀式のような演劇をつくろうと考えています。

 

作・演出 : あごうさとし

出演:太田宏(青年団)、辻本佳、松本杏菜 

ドラマトゥルク:仲正昌樹(金沢大学法学類教授)  

音楽:木下伸司  

演出システム:真下武久

 

スケジュール [全5回]

 

7月26日(木)   *19:30-

7月27日(金)   19:30-

7月28日(土)   14:00-,18:00-

7月29日(日) *14:00-

 

*あごうさとしとゲストによるポストトークを行います。

26日 叶信治氏 (希望の家カトリック保育園 園長)

29日 仲正昌樹氏 (ドラマトゥルク、金沢大学法学類教授)

 

*受付・開場は開演の30分前です。*未就学児童の入場はご遠慮いただいております。

 

チケット [日時指定 / 税込] 

前売 一般:2,800円 学生:2,000円 / 当日 一般:3,000円 学生:2,200円

 

ご予約  チケットフォーム 

 公式WEB: http://www.agosatoshi.com

お問い合わせ アーツシード京都

Email       TEL: 075-744-6127 (平日10:00〜18:00)


■プロフィール

あごうさとし Satoshi Ago

劇作家・演出家・(一社)アーツシード京都代表理事

「複製」「純粋言語」を主題に、有人、無人の演劇作品を創作している。

作品制作の傍ら、新劇場「Theatre E9 Kyoto」設立にむけて活動。2010年度京都市芸術文化特別制度奨励者。2017年度京都市芸術新人賞受賞。

2014-2017アトリエ劇研ディレクター。神戸芸術工科大学・京都造形芸術大学非常勤講師。同志社女子大学嘱託講師。

 

仲正昌樹 Masaki Nakamasa

東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻終了(学術博士)。政治思想史、法哲学、ドイツ文学。金沢大学、法学類教授。

2013年よりあごうさとし演劇作品でドラマトゥルクとして参加。

主要著書に、『ヴァルター・ベンヤミン』『カール・シュミット入門講義』『「人間の条件」入門講義』(以上、作品社)。

『集中講義!日本の現代思想』『集中講義!アメリカ現代思想』(以上、NHKブックス)等。

 

太田宏 Hiroshi Ota

俳優 青年団所属

「東京ノート」「ソウル市民」「冒険王」「新冒険王」「さよならだけが人生か」ロボット演劇「働く私」など平田オリザ作品に多数出演。青年団国際交流プロジェクト日仏合同公演「別れの唄」「愛の終わり」等に出演、青年団以外でも「ヒロシマモナムール」「Larmes 」に出演するなど、フランス人演出家との仕事も多い。他に、青年団リンクRoMTでは「ここからは山がみえる」「ギャンブラーのための終活入門」で長時間の一人芝居に挑み、好評を得ている。

 

辻本佳 Kei Tsujimoto

フィールドワークを行い、採集した自然物、音、写真、身体感覚から、表現方法問わず作品制作を行っている。

『Field Pray』と題して『#1どうすれば美しい運動が生まれるのか。』『♯2擬態と遡行』、『泥炭地』を発表する。

2016年より、やなぎみわ、あごうさとし演出作品に出演し、俳優としての活動を始める。

 

松本杏菜 Anna Matsumoto

1991年 東京都生まれ。2016年 京都造形芸術大学美術工芸学科現代美術・写真コース卒業。写真、映像、パフォーマンスに取り組み、関西で活動中。

2016年 やなぎみわ演出「日輪の翼」、2017年 あごうさとし演出「リチャード三世」に出演し、俳優活動を始める。webサイトannamatsumoto.com

 

■スタッフ

ドラマトゥルク:仲正昌樹(金沢大学法学類教授)|音楽:木下伸司|演出システム:真下武久|舞台監督:浜村修司|メイク:吾郷泰英|制作:芥川実穂子

主催:あごうさとし事務所、一般社団法人アーツシード京都



終了しました。ご来場誠にありがとうございました。

2018年5月26日〜27日

撮影 仲川あい
撮影 仲川あい

 THE GO AND MO'S
『黒川の笑 その12 DX』

  

 

ラインナップ

コント「無知との遭遇」
コント「パッテンコ節」
大漫談「うんこ味のカレー」
コント「検査」
コント「体操のお兄さんDX」
中漫談「サイボーグ」
コント「教育勅語」
コント「今コントやってるから!!!」
小漫談「色盲」
宿題「ボーリング刑事」
ヒサビサ詐欺
(順不同)

 

 

日時   5月26日(土) 14:00/19:00

                 27日(日) 14:00

 

料金

予約 1,000円 当日 1,500円

 

 

予約取扱・問い合わせ

公式サイトhttp://mproduce.wixsite.com/gomo

チケット予約フォーム

メール

TEL 090-9254-6295(丸井/本番当日のみ)

 

 

 

クレジット

脚本・構成・演出・出演 黒川猛

構成 中川剛

音楽 Nov.16

制作他 丸井重樹

照明協力 真田貴吉

企画・製作・主催 THE GO AND MO'S




終了しました。ご来場誠にありがとうございました。

2018年3月16日〜18日

BRDG vol.5Whole

はんぶん でも、ニバイ でもなく、一個の Whole

、は何で成り立っているのだろうか。皮膚、血、肉、骨。

わたし、は何で成り立っているのだろうか
生まれた土地、暮らした町、過ごした時、食物、記憶、香り、言葉、パスポー ト、音、色

一人の人を、「ナニジン」 であるか明白に示すことは出来るのか。

もしも一人の人の中に複数のわたしが存在したら?
収まりきらなくなった物事は溢れ出し、決壊し、新しい色を放ち混ざり合う。


京都という町の「Localな国際性」を見つめるシリーズ第3弾!
フィリピンと京都でのリサーチをもとに演劇作品を創ります。
OHPを用いたヴィジュアルを作り出す仙石彬人を美術に迎えての、一人芝居。どうぞご覧ください。

 

 

日時:2018316()  19:00
                            17()  14:00 / 19:00
                            18(日)14:00
*受付は開演の30分前、開場は開演の15分前を予定しております。

演出・構成:山口惠子
出演:柳沢ゆりあ
OHP:仙石彬人
音響:ryotaro
演出助手:出村弘美
宣伝美術:仙石彬人

 

料金:前売 2500 当日 2800円 学生 2000 (学生証をご提示ください)
          ペア割 4500 (同じ回に2名でご予約の場合)

予約フォーム、またはEメールでご予約ください。

予約フォーム:https://www.quartet-online.net/ticket/whole
メールはこちら

*件名に「
Whole予約」、本文に日時・お名前・枚数・電話番号をご記入の上、メールで送信ください。

問い合わせ:  メールはこちら
団体
HP: http://brdg-ing.tumblr.com/
Whole 特設サイト: https://brdg-whole.tumblr.com/
TEL: 080-5713-2731 (山口)

平成29年度 国際交流基金 アジア・フェローシップ
京都芸術センター制作支援事業

後援:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
協力:
studio seedbox

主催:BRDG

BRDG vol.5Whole

はんぶん でも、ニバイ でもなく、一個の Whole

、は何で成り立っているのだろうか。皮膚、血、肉、骨。

わたし、は何で成り立っているのだろうか
生まれた土地、暮らした町、過ごした時、食物、記憶、香り、言葉、パスポー ト、音、色

一人の人を、「ナニジン」 であるか明白に示すことは出来るのか。

もしも一人の人の中に複数のわたしが存在したら?
収まりきらなくなった物事は溢れ出し、決壊し、新しい色を放ち混ざり合う。


京都という町の「Localな国際性」を見つめるシリーズ第3弾!
フィリピンと京都でのリサーチをもとに演劇作品を創ります。
OHPを用いたヴィジュアルを作り出す仙石彬人を美術に迎えての、一人芝居。どうぞご覧ください。

 

 

日時:2018316()  19:00
                            17()  14:00 / 19:00
                            18(日)14:00
*受付は開演の30分前、開場は開演の15分前を予定しております。

演出・構成:山口惠子
出演:柳沢ゆりあ
OHP:仙石彬人
音響:ryotaro
演出助手:出村弘美
宣伝美術:仙石彬人

 

料金:前売 2500 当日 2800円 学生 2000 (学生証をご提示ください)
          ペア割 4500 (同じ回に2名でご予約の場合)

予約フォーム、またはEメールでご予約ください。

予約フォーム:https://www.quartet-online.net/ticket/whole
メールはこちら

*件名に「
Whole予約」、本文に日時・お名前・枚数・電話番号をご記入の上、メールで送信ください。

問い合わせ:  メールはこちら
団体
HP: http://brdg-ing.tumblr.com/
Whole 特設サイト: https://brdg-whole.tumblr.com/
TEL: 080-5713-2731 (山口)

平成29年度 国際交流基金 アジア・フェローシップ
京都芸術センター制作支援事業

後援:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
協力:
studio seedbox

主催:BRDG


 

プロフィール:

 

柳沢ゆりあ Yuria Yanagisawa

2011年より京都で演劇を始める。2015年からは劇団ベビー・ピーの活動に携わり、山ぐるみ人形劇『桜の森の満開の下』・『マクベス』(2015・2016年いいだ人形劇フェスタ参加作品)や『惑星シワク』(2016年瀬戸内国際芸術祭参加作品)などに出演。その他の出演歴:NODA・MAP第17回公演『エッグ』(2012)、アートスペース無門館+アトリエ劇研 開館30周年記念公演『ピエールとリュース』(2014)、BRDG 423アートプロジェクト『とちのこゑ』(2016)など。

 

 

仙石彬人  AKITO SENGOKU 

1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING”をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。

http://akitosengoku.blogspot.jp/p/profile.html

 

 

BRDG

 

山口惠子と川那辺香乃が2011年に結成。山口は近年「ローカルな国際性」をテーマに、インタビューから演劇作品を創作している。主な作品として「117-one one seven」、「ヒキダシ_ホテル」。2016年には「117-one one seven」のイギリス公演(再演)を行う。川那辺は京丹波町質美を拠点とした「423(しつみ)アートプロジェクト」を2013年より始め、子どもを対象としたワークショップなどを行う。また、共同作品として旧質美小学校を題材とした「とちのこゑ」(2016)がある。



終了しました。ご来場誠にありがとうございました。

2017年12月27日(水)17時開演(開場16時45分)

 

無料公演決定!

 

トマ・ブーヴェ&太田宏 / ヴィラ九条山滞在制作過程発表@studio seedbox

涙の大地で、誰かが話している。
人類は消え、大地が泣いた。そして、唯一残ったのがこの男。ただ一人の証人。
トマ・ブーヴェによる監修で、太田宏が、そこに留まる不変の伝達者となり言葉を発します。

 

 

作・演出:トマ・ブーヴェ

出演:太田宏(青年団)

2017年12月27日(水)17時開演(開場16時45分)

料金:無料

チケット予約 メールで送信(定員30名)

会場:studio seedbox 地図

(〒601-8011京都市南区東九条南山王町6−3−3F)

トマ・ブーヴェ&太田宏 

Thomas Bouvet et Hiroshi Ota

演劇 

 

基礎物理学の修士号を有するトマ・ブーヴェは2002年に俳優養成学校《クール・フロラン》に入学しました。2011年からはパスカル・ランベールの演出助手を務め、『Clôture de l’amour/愛の終焉』 『Memento Mori/死を忘れるな』や『Répétition/稽古』などの作品に協力しました。2006年には劇団《Def Maira》を設立し、いくつかの作品の演出を担当。2008年から2009年にかけてのシーズンには国立演劇センター《コメディ・ド・ランス》の養成コースで、2010年からは身体表現養成ラボラトリー(LFTP)で指導にも当たっています。トマ・ブーヴェは演劇の中に世界を問い掛け、独自の空間と時間を作り出す新しい方法を見出しています。そこでは、様々プロジェクトを通して出会った役者たちの協力と信頼を得て、観客は演劇と積極的に対話を交わす相手だと位置付けられています。
京都の同志社大学商学部を卒業したあと、太田宏は2007年に劇団「青年団」に入団。設立者である平田オリザの戯曲を中心に上演しているこの劇団は、パリと東京で2回に渡って日仏合同公演を行っています。
ヴィラ九条山での2人1組のレジデンスは『Larmes/涙』と題された戯曲の創作をプロジェクトとするもので、太田宏が主役を務めることになります。このコラボレーションのきっかけとなったのは、歌舞伎や能を始めとする日本の演劇と振り付けに対するトマ・ブーヴェの関心です。戯曲『Larmes』の主人公はチェーホフの『桜の園』の登場人物フィールスから着想を得たもので、レジデンスに先立って執筆されたテクストを巡る2人のやり取りと舞台での実験を通して、芝居作りが行われることになります。このテクストにおいては、言葉はコミュニケーション、動きやリズムそのものであろうとし、舞台での実験を導くことになります。

 

主催:トマ・ブーヴェ 一般社団法人アーツシード京都
協力:ヴィラ九条山


終了しました。ご来場誠にありがとうございました。

2017年11月16日(木)〜11月20日(月)

 

スーパーコントプログレッション《超コント的躍進》

ママママ②『二の次』

 
どうでもよいのか、よくないのか。
なんて、どうでもよいのだ!
 
時ははるかスゲー昔、もしくは超未来。何もない、まっさらな大地を眺め立つ3人の男。
彼らは無気力のまま全身全霊を込めて、歩いたり踊ったり生きたり死んだり、何もせず寝っ転がったりする。どうやったってそれは“前進”であると、知らぬまま。
……って感じの、猛烈ラブリー爆裂キュートな新作コント公演イン京都。
この秋、半笑いが地球を救います。たぶん。
 
[日時]
16日(木) 19:30☆
17(金) 19:30
18(土) 11:00/15:00/19:30☆
19(日) 11:00/15:00☆
20(月) 11:00
☆=アフタートークの開催
[アフタートークゲスト]
16日(木) 大原渉平さん(劇団しようよ)
※16日の回のみ終演の約1時間後よりWEB上にてアフタートークを行います。
18日(土) あごうさとしさん(劇作家・演出家)
19日(日) 92年度生まれ俳優小川晶弘、木之瀬雅貴 ほか

[料金]
一般 2,500円
U-25割引 2,000円
高校生以下割引 500円
(当日300円増/要学生証/全席自由)
ご予約お問い合わせはママママホームページ